園長からのご挨拶

「小梅らしさを大切にした保育を」

 

小梅保育園は、平成14年の創立以来、一貫して 「子ども達が安心して過ごすことのできる場所、そして保護者の方が安心して自身のお子さまを預けることのできる場所の提供」を基本として保育園運営を行ってきました。

 大切なお子さまをお預かりする訳ですから、安全なことはもちろん、それに加えて日々保育にあたる保育士や栄養士といった職員の関わりの中で、しっかり「安心の醸成」を図っていきたいと考えております。

 保育については、これからの時代を生きる子ども達の生きる力の基礎をしっかり作っていくことを基本に据え、生活・教育両面から、子ども達の自主性や協調性を育んでいくことに主眼を置いています。

 また、小梅保育園では、お子さまを中心に保護者の皆様としっかりスクラムを組んで、大人の連携が子ども達の育ちには大切だとの想いから、緊密に連携を図っております。
以前実施されました、ダイヤモンド社による東京ベスト保育園594で第1位という高い評価を頂きましたのも、保護者の皆様の支持によるところが大きく、これまでの取り組みの成果がでたと大変うれしく思っております。

 社会福祉法人化にあたり、法人名を「みんなのおうち」としたのは、誰しもが我が家のとうにアットホームな中で過ごせる園にしていきたいという想いを表したものです。

 ぜひ、一度 小梅らしさを感じにいらしてください。

園長 西村 孝幸

← 戻る