安全・衛生について

服装

1.動きやすい服装・着脱しやすい服装を基本とし、安全面にも配慮をお願いします。

例:
*ホック付きのズボン、背中にボタンのついたもの等、自分で着脱できないものは控えてください。
(トイレに気づいていたのに間に合わない、出来ないと泣いてしまうことがあったりや自分でしたい気持ちそのものを妨げてしまう可能性がある為)

*髪を結ぶときは、原則、髪飾りの付いていないゴムだけのものをご使用ください。また、硬いアクセサリーのついた洋服、ヘアピンなども避けてください

*ズボンの裾は、足が引っ掛からない程度まで裾上げしたものにしてください。

2.お子様のサンダル履きでの登園はご遠慮下さい。
(お散歩などの際、思わぬ事故のもとになります。)
長靴での登園の場合は、靴もご持参ください。
(雨が上がり、お散歩に出ることもあります。)

3.衛生面・靴ずれ防止の観点から、靴下を着用、又はご持参ください。

衣服の着せ方の目安と調節

衣服の着せ方の目安と調節

持ち物

安全確保の観点からも、個人の遊具などはお持ちにならない様お願いします。

給食の保管

衛生面から給食の取り置きはいたしません。
(正午を過ぎて登園する場合は、必ず食事をお済ませ下さい。尚、午前中の離乳食の取り置きは10時30分までです。)

汚れ物の取り扱い

通常、使用しました衣類は、そのままお返ししておりますが、便や嘔吐物、血液などで汚れた衣類等についても、園では洗濯をしないこととしています。
これは2次的な感染のリスクを最小限にとどめるためです。
汚れ物はビニール袋に入れてお返しします。
園内での感染予防の為、ご了承ください。
(尚、ノロウイルスの流行時には、お子様の洋服を消毒液の原液につける対応もさせて頂きます。この場合、洋服によっては色落ちする場合がありますが、ご了承ください。)

階段・扉

転落防止の為、保育室を出る時は、保護者の方が先に出てください。
また、階段の上り下りは必ず保護者の方と一緒にしてください。
尚、その際は、保護者の方が階段の下側になるようにして下さい。

エレベーターの使用について

エレベーターは、保護者の方と一緒にお乗りになる場合に限り、ご利用になれます。もちろん、階段をご利用いただいてもかまいません。
尚、お子様がお一人でエレベーター内に入ることの無いよう、又、エレベーターが開いた時に、向こう側にいる子どもたちへの配慮もお願いいたします。
トラブルがありますとエレベーターの利用を控えざるを得ないこともございます。くれぐれも注意をお願いします。

← 戻る